一級建築士事務所 創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子・横浜の地で実績を誇る神奈川の工務店

vol.01横浜市 K様邸

K様は、娘さんご夫婦と同居するのを
機にイソダで家づくりをしました。
明かり窓からの日差しが
心地よいリビングと、
凛とした空気に包まれた真壁の和室。
イソダの家の良さについて
K様にお話しを伺ってきました。

横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸

Q1:イソダ はどうやって知りましたか?K様:10年ほど前、近くでイソダ さんが建築中の現場をたまたま見かけたんですよ。私も若い頃、建築関係の仕事をしていたものですから興味があって、その現場をまじまじと見てみたんです。最近は木造でもツーバイフォーが主流で、通し柱もなくて、柱や梁も集成材であることも多いと思うんですが、イソダ さんの建てていたその家は、純木造で集成材はほとんど使わずに、要所要所に4寸角の通し柱が入っていました。「今時、しっかりした家を作っている会社だなぁ」と思いました。今だにあんなに丁寧に家を作っている現場は見たことないですね。それで「もし家を建て替える時は、この会社も候補のひとつに入れておこう」と思って、それがイソダ さんを知ったきっかけでした。

  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸

Q2:ということは、この家は建て直した家だということですね?K様:前の家は38年ほど前に木造で建てました。家というのは若い頃に建てるとやっぱりダメですね。生きてるうちにもう一回建てたくなっちゃう(笑)。というよりも、建て替えるきっかけは娘夫婦との同居だったんです。

Q3:で、建て替えることになって「建て替えるならイソダ さん」ということだったわけですか。K様;私はね。でも家族には説明してもよくわからない状態だったんで(笑)。だから他の展示場とか、いろんなところを見せて回りました。

Q4:それはイソダ に行く前に回ったんですか?K様:そうですね。見積もりまではとらなかったんですが「坪いくらです」と言われても実際は比較のしようがないですよね。で、最後にイソダ さんに電話したら「是非、モデルハウスを見てください」ということで、見に行ったんですよね。建築中の現場も見せてもらって。

Q5:印象としては、10年前にここの近くで見た現場の印象と変わらない家づくりでしたか?K様:やっぱり同じように家づくりしてるなぁと思いましたよ。

Q6:それでご家族の反応はどうでした?K様:結局家族はやっぱり素人だからね。まぁ、私は建築のことをちょっと知っているから「まかせるよ」って家族からは言われました。構造に関しては私で、設備に関しては私の意見が通らなかったんだけど(笑)。

  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸

Q7:イソダ に決めてからはどんなかんじで家づくりを進めましたか?K様:原案の間取りは私の方で決めて、それを元にイソダ さんの設計士さんがいろいろアドバイスをくれてデザインを決めていきました。

Q8:空間の雰囲気は、何か注文をしたんですか?K様:しました。和室は拘って、構造の柱が出る真壁にしてほしいと要望しました。それは拘りましたね。前の家の床柱を残したくて、ニッチのような形で取り入れてもらったりもしました。和室に関しては構造の柱が見える真壁は、手間もかかるし、費用も高くなるんです。ほとんどの家は手間がかからないので、和室も構造の柱を隠してしまう大壁にするんですけど、それはしたくなかったので、構造の柱も意匠として見せられる真壁に拘りました。

  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸

Q9:あと他に拘った部分はありますか?K様:軒裏部屋ですね。普通は梯子みたいなもので登る軒裏部屋というのはあると思うんだけど、普通の階段で登れるというのがいいんですよね。

Q10:施工中は現場を見に来ましたか?K様:毎日来ましたね。大工さんも誠実で真面目で、いい大工さんでしたよ。現場を大事にしているんですよね。土足で現場に入ろうとする人がいたら「コラ!」って怒ったり。私も「お邪魔します」なんてかんじで入らせてもらって。大工さんがスリッパ立てを端材で作って設置してたりして(笑)。「昔の現場だなぁ」って感じられて、よかったですよ。それが本当にいい現場なんですよ。丁寧すぎる現場だとも言えるけど、だけど丁寧に作ることが結局、建ててから不具合が出ないから間違いがないですよね。

Q11:施工を見て感動した点などありますか?K様:それはもうソーラーサーキット。いちばん関心したのは屋根の部分。屋根は断熱材を入れて、角材を入れて、コンパネを張って、その下に空気層を作って、ていう、すごいですよ。真夏に手で屋根裏を触っても全然暑くない。その施工を直で見てたので感動しました。夏もすごい涼しかったですね。冷房を27度で設定して、途中で切れても涼しくて。電気代もあんまりかかってないんじゃないかな。

  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸
  • 横浜市 K様邸

Q12:前の家と比べて快適さは違いますか?K様:それはもう違いますよ。真冬なんか。起きてくると、14度くらいだから寒いと感じない。安定してます。気密性も高く、隙間もないですし、基礎断熱で地熱も利用してますし。冬はかなり違いを感じると思います。真夏はさすがにね、冷房が多少必要にはなりますけど。

Q13:暮らしてみて満足ですか?K様:不満足なところを探すのが難しいですね(笑)。

Q14:アフターフォローについてはいかがでしょうか?K様:建ててから、まだアフターフォローしてもらうほどの時間も経っていないからなんとも言えないですけども(笑)。でもイソダ さんはカツカツに仕事をしているっていうよりは比較的余裕を持って仕事をしているのを感じますので、何かあった時に連絡をすればすぐ来てくれるんじゃないですかね。アフターフォロー専属の方が社員でいるので、安心できますよね。 丁寧に作ってくれてるからアフターフォローも少ないかなと思いますよ。 やっぱり、家というのは正直だと思います。取材・文章/服部雄一事務所

Page
top