一級建築士事務所 創業大正13年。湘南・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・逗子の地で実績を誇る神奈川の工務店

facebook Icon

かながわ県産木材の家

かながわの木で自然の良さを感じる人と環境に優しい家づくり

かながわ県の森

かながわ県産木材でつくる家 意外と知られていませんが、県土面積の4割が森林と言われる緑豊かな神奈川。森林では、日本の代表的な樹種であるスギやヒノキなど家づくりに最適な木材を生産しています。はっきりとした木目と柔らかな肌触りのスギ。耐久性に優れ独特の芳香があるヒノキ。これらを利用することで、木のぬくもりや断熱性など、自然素材ならではの良さを感じることができます。 『木は地球環境にも人にも優しい』。それは森林を守り育てるだけではなく、環境への負荷を小さくしたり、地産地消で輸送エネルギーの削減など、地球温暖化防止にもつながっていきます。恵まれた気候風土の中で育ったかながわ県産材で、未来へつながる家づくりを始めませんか。

かながわ県産木材の活用 地域貢献

木造軸組構法にこだわる理由 木造軸組み工法は、木の持つ優れた特徴を活かした継承すべき日本の伝統技術です。イソダではその伝統を受け継ぎ後世に伝えること、国産材(特に県産木材)を活用し、森林の保護育成と地産地消による地域経済の発展、地球の温暖化防止などに寄与したいと考えます。

なぜ県産材なのか 神奈川県では戦後植樹された杉やヒノキなどの人工林がちょうど使い時を迎えています。津久井・丹沢・箱根などの標高が高く寒暖の差が激しい地域で育ったかながわ県産木材は、県外の国産材と引けを取らない強さの良材が生産されているのです。 しかしながら林業の衰退による森林の手入れ不足が増大し、森林荒廃が顕著となりつつあります。そのような状況の中で、県では『かながわ森林再生50年構想』を基に水源の森林づくりを進めています。 森林循環を支えるために県産木材の利用を活性化させる。かながわで育った工務店としてその一助になるならばと、イソダも県産木材を積極的に活用したいと考えます。地域に貢献することと、地球環境への負荷を小さくする木材を使うことで、環境に配慮した家づくりを行ってまいります。

かながわ県産木材の活用 地域貢献

Page
top