日本の住宅は昔から夏の暑さと湿気に気をつかって作り続けてきました。ここ湘南は、海や山があり、はっきりとした四季がある恵まれた環境です。しかし海が近いことで家にとっては大きなダメージを受ける恐れもあります。たとえば、潮風による塩害や台風による強い風雨。そのほか、梅雨の湿気や冬の結露などもマイナスの要因です。そんな湘南での生活を一年を通して快適にしてくれるのが「ソーラーサーキット(SC)の家」。外断熱と二重通気を組み合わせた工法で、家の中を夏は爽やかに、冬は温かくしてくれます。自然エネルギーを利用した技術なので、省エネ効果も。イソダは地域密着で培ってきた経験と、永年身を持って感じる湘南の厳しさを知り尽くしているからこそ、推奨できる工法なのです。




「真夏に2Fの部屋が暑くて眠れない」「真冬に1Fの台所が底冷えする」「冬にサッシが結露でびっしょり」…目に見えない壁の中や屋根裏はどうなっているのか心配になってしまうことと思います。
ソーラーサーキットは、結露や熱ごもりを排除するため「気密性」と「通気性」の2つの理想を上手に融合させた機能を実現させました。それは、外気から室内の温度変動をおさえる外断熱と壁体内に空気の流れるしくみをつくる二重通気のマッチングです。


<「ソーラーサーキットの家」と「断熱性能が低い従来の家」の温度変化比較例>



ソーラーサーキットの家公式サイトから引用
▲ページの上部へ




ソーラーサーキットの家は屋根外壁基礎まで家を板状断熱材ですっぽりとおおいます。そのため、家全体の温度の差が少なくなります。また、気密性を増すことで結露の発生も抑えられます。
※外断熱には他にも屋根と外壁だけ、また、外壁だけもあります。




ソーラーサーキットの家は、外断熱(SCフォーム)の外側のアウターサーキットと、その内側のインナーサーキットの二重通気(ダブルサーキット)により、季節により、壁体内の空気を流動させて、熱気や湿気を外に逃がします。そのおかげで室内の環境と、壁体内の環境が良くなり、家を長持ちさせるのです。

<断熱材の納め位置の違い>


<断熱の方法(内断熱と外断熱)>

▲ページの上部へ




ソーラーサーキットの家は高気密、高断熱なので、冷暖房の効率もよいのです。小さな熱源で家全体が温度差なく快適なので地球の将来を見据えたECO住宅なのです。


もっとソーラーサーキットのことを知りたい!という方は、
ソーラーサーキットのホームページをご覧下さい。
 






 
 
イソダではモデルハウスの見学を随時受け付けております。また、見学だけでなく、体験宿泊も可能です。他のモデルハウスと異なり、基礎の構造や壁の仕組み等もご覧いただけます。
【ご注意】
モデルハウスには常駐しておりませんので、まずはお電話でご連絡ください。

SC体感モデルハウス
神奈川県鎌倉市腰越4-10-10
>>広域地図
▲ページの上部へ




ここでは実際にイソダのモデルハウスが完成するまでの様子をご覧になれます。モデルハウスとはいえ、基礎から万全のイソダクオリティ。ガス・電気・水道といったライフラインを完備し、ソーラーサーキットを導入した本格的な住宅=住めるモデルハウスです。

 
       



建築に先立って、建物の基礎の位置を周囲に回した貫板(ぬきいた)に表します。これが建物の基準となる遣り方です。
 
貫板に通り心が記されています。この墨を基準に基礎を配置します。
   



基礎の位置に従って敷地を掘削します。地中梁が通る箇所は深く掘ります。掘った後は砕石を敷いて転圧をかけます。その後捨てコンクリートを打設します。

防湿フィルムを敷き込み、基礎の配筋を行います。外周部の基礎型枠に断熱材(カネライトフォーム)が取り付けてあります。

真ん中に見える円柱形の基礎がSCポストです(現在は四角です)。



上棟日。いよいよ大工さんが柱を立て、梁を架けます。写真は2階の床梁が架かり、2階の柱を立て始めたところです。

無事棟が上がりました。

大工さんお疲れさま。ささやかながらお祝いの宴です。これが上棟式です。
▲ページの上部へ



屋根の断熱材施工が完了しました。従来の建物は2階の天井部分で断熱していましたが、ソーラーサーキットでは屋根面で断熱します。これにより、小屋裏の温度上昇も低減できます。

屋根の断熱材は厚さ50ミリのSCフォームシングルです。黒い帯は気密テープで、断熱材のジョイント部分に貼ることで気密を確保します。また、断熱材の上の木材は通気垂木といって、この上に野地板を貼ることにより、垂木と垂木の間に空気を通します。

屋根を2階から見上げた写真です。



屋根断熱材を敷き終わり、通気垂木を施工しました。この上に野地板を貼り、屋根材を葺いていきます。

通気層を確保するため、屋根は二重になっています。

防水のためのルーフィングを下葺きしてから屋根材を葺きあげます。



外断熱材であるSCフォームを貼ります。黒く見えるのが気密テープです。これにより、断熱材の継ぎ目の気密を確保します。


断熱材施工後、透湿防水シートを貼り、通気胴縁を打ちます。この胴縁の間がアウターサーキットとなります。


モルタル塗りのため特殊なラス網を張ります。

モルタルの下塗り中です。ここまでくると完成まで目前です。
▲ページの上部へ


     
外壁が仕上がり、足場がとれました。
このモデルハウスは平成12年9月9日にオープンし、 以来たくさんのお客様が訪れました。


平成16年の4月末に外壁をリフォーム。美しいホワイトの外壁になりました。内装も改装してさらに広々とした空間を確保して生まれ変わりました。皆様のご来場をお待ち申し上げます。



見学だけでなく体験宿泊(平日限定)も可能です。
※体験宿泊は既に弊社で家造りのご相談を頂いているお客様に限らさせて頂きます。
お申し込みはこちらから
TEL 0467-32-8181 FAX 0467-32-8481



 
  ▲ページの上部へ  
●イソダの安心・安全な家づくり
・信頼の基礎・軸組み
・自主検査・第3者機関検査
・長期優良住宅
●「イソダの家」シリーズ
・外断熱・2重通気の住み心地
「ソーラーサーキットの家」

・地震に強い「TIP構法の家」
・開放感のある自在な空間「箱型の家」
・エコに貢献「かながわ県産木材の家」

ソーラーサーキットの家
ソーラーサーキットの家 NEXT
体験宿泊

快適住まいのコーディネーター
美しい永持ちの住まい
一生のおつきあい

ソーラーサーキットの家、外断熱、
杉の家、TIP構法の家、その他


イソダNEWS
イソダ会長の「ちょっと一言」
住宅リフォーム
エクステリア
リノベーション
店舗リフォーム
メンテナンス
減税・助成金制度
エコ商品
保証・点検について
業務の流れ


HOME
会社案内
お問い合せ
サイトマップ
プライバシーポリシー

株式会社イソダ
●本社
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-9-7
TEL 0467-31-9246 FAX 0467-31-9243
●新築営業部 TEL 0467-32-8181 FAX 0467-31-9243
●不動産事業部 TEL 0467-32-8181 FAX 0467-31-9243
営業時間AM9::00 〜 PM5:30 定休日 水曜日
 
●イソダのリフォーム
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-9-7
フリーダイヤル:0120-27-3127
TEL 0467-33-3127 FAX 0467-33-3128
営業時間AM9::00 〜 PM5:30 定休日 日曜日
     
●SC(ソーラーサーキットの家)モデルハウス
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-10-10
営業部までご連絡下さい。こちらから

  ●2020年対応住宅
〒248-0032 神奈川県鎌倉市津235
営業部までご連絡下さい。こちらから

Copyright (C) isoda co., ltd.All rights reserved.