永年積み重ねたノウハウを生かした品質へのこだわり、構造の細部に至るまで確かな技術を持つ職人たちのきめ細かい家づくり。設計から施工まで地域に根ざした工務店として自信を持った家づくりを行っています。イソダはお客さまが末永く、健康に安心して暮らすことのできる住まいをお約束します。


長期優良住宅には、建てる時に必要な6つの条件があります。
※各項目クリックで詳細の説明に飛びます。



※1. 控除額が所得税額を超える場合は、一定額を、個人住民税から控除することができます。(当該年分の所得税の課税総所得金額等に5%を乗じて得た額(最高9.75万円)を限度)
※2. 控除額がその年の所得税額を超える場合は、翌年分の所得税額から控除することができます。

フラット35Sも適用することができます。

●国土交通省の定める「長期優良住宅の認定基準(概要)」
性能項目等 概要 適合するイソダの工法
耐久性 ○数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること。
《構造躯体の品質や性能が低下しないように、木造軸組みの場合では柱や梁の太さや樹種だけではなく、防腐・防蟻・防水・換気・通気対策、さらに点検空間の確保などをしなければなりません。》
・劣化対策等級3相当・・・構造躯体が3世代(75〜90年)もつ程度の対策
1・外壁に通気層を設け、柱や土台などに耐久性の高い材料を使用する。
2・床下に防湿用のコンクリート(60mm以上)を打設する。
3・基礎の高さを400mm以上にする。
4・小屋裏・床下の換気が充分におこなわれるようにする。
5・床下及び小屋裏の点検口を設置する。
6・点検のため、床下空間の一定の高さを確保する。  等
○ヒノキや杉の無垢材を使用しています。柱は通常105mm角ですが、長期優良住宅では120mm角を使用します。
○10年以上前からベタ基礎・高さ400mmを標準採用しています。
○外断熱工法も湿気(壁体内結露)対策として取り入れました。
○防蟻はSCでは物理的防蟻工法のターミメッシュを、その他は家の中ではなく外周に薬剤を散布するタームガードを施工します。
耐震性 ○極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修の容易化を図るため、損傷のレベルの低減を図ること。
《木造軸組みの場合は土台や柱、耐力壁などの大きさや耐力、屋根や床の剛性を高めて地震に対する家の柔軟性と強さをつくります》
・耐震等級2以上・・・数百年に一度発生する地震(震度7程度)の1.25倍の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(震度5強程度)の1.25倍の地震力に対して損傷しない程度
1・壁量を確保する。
2・壁をバランスよく配置する。
3・筋違・柱・胴差や床・屋根の接合部を強化する。
4・基礎を強化する。
5・梁は間隔・長さに応じて必要な大きさを確保する。 等
○きちんとした壁量計算に基づいて壁を配置します。
○接合部の金物はもちろん認定品を使用します。
○梁は経験と計算に基づいて適切な大きさ、長さのものを掛けています。
○TIP構法でさらに耐震性能がアップします。
省エネルギー性 ○必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること。
《冷暖房によるエネルギーの使用量を削減するために必要な省エネルギー性能を確保します。木造軸組みの場合は屋根・天井・壁・床・窓・扉の断熱性能や夏の日射遮蔽の工夫、結露の防止などが求められます》
・省エネルギー対策等級4・・・省エネ法に規定する次世代省エネルギー基準に適合すること。
〜神奈川県(W地域)の木造軸組みの例〜
1・グラスウール断熱材(16K相当)の場合、天井160mm・外壁90mm・床90mmの断熱材を施工する。
2・ポリスチレンフォーム断熱材(押出法3種)の場合、天井もしくは屋根115mm・外壁50mmの断熱材を施工する。
3・外壁に防湿層や通気層を設ける
4・窓は複層ガラスまたは二重サッシにする。 等
○ソーラーサーキット(SC)にするだけでこの基準はクリアします。
○SC以外でも省エネ性能を確保するのは断熱材の厚みを変える程度で可能です。
維持管理・
更新の容易性
○構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること。
《設備など構造躯体と比べて耐用年数が短い部分の点検・補修・清掃・交換がしやすいようにしておきます。》
・構造躯体や仕上げ材に影響を与えることなく、配管の維持管理を行うことができること
1・水道やガスなどの配管を基礎コンクリートに埋め込まない。
2・排水管が点検・清掃できるよう、掃除口や清掃可能なトラップを設ける。
3・排水管や給水管の接合部に点検口を設ける。 等
○ヘッダー配管(給水)部分に点検口を設けます。
○ライフライン以外でもアフター専門部署やリフォーム事業部を設けていますので一生のお付き合いを約束いたします。
居住環境 ○良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること。
《まちなみや景観を計画的に形成している地域の環境を保ち、より良くしていこうとすることです。》
・地区計画、景観計画、条例によるまちなみ等の計画、建築協定、景観協定等の区域内にある場合には、これらの内容と調和が図られること。
(所管行政庁によって選定・公表するものですので、所管行政庁によって適合する内容が異なります)
○まちなみや近隣の状況を踏まえてプランニングいたします。
○鎌倉市は特に風致地区や建築協定がある地区が多いのですが、今までの実績を元に対応しています。
住戸面積 ○良好な居住水準を確保するために必要な規模を有すること。
〔一戸建ての住宅〕
1・75u以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
2・少なくとも1の階の床面積が40u以上(階段部分を除く面積)
※一戸建ての住宅、共同住宅等とも、地域の実情に応じて引上げ・引下げを可能とする。ただし、一戸建ての住宅55u、共同住宅等40u(いずれも1人世帯の誘導居住面積水準)を下限とする。

○数多くの注文住宅を手掛けてきましたので、変形や狭小の土地にあったプランをご提案いたします。
可変性 ○居住者のライフスタイルの変化等に応じて間取りの変更が可能な措置が講じられていること。
戸建住宅への適用はありません
○箱型の家のように最初は広いスペースで、必要になったら壁や収納などで間仕切りをして2部屋にしたり、スケルトンインフィルでの対応が可能です。
バリアフリー性 ○将来のバリアフリー改修に対応できるよう共用廊下等に必要なスペースが確保されていること。
戸建住宅への適用はありません
○玄関〜ホールの上り部分を除いて3mm程度の段差しかありません。
○廊下や階段、各出入口の幅など自由に設定できます。
維持保全計画 ○建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること。
・維持保全計画の作成時、記載すべき項目
1・構造耐力上主要な部分
2・雨水の浸入を防止する部分
3・給水・排水の設備について、点検の時期・内容
・少なくとも10年ごとに点検を実施すること。

○定期点検は3か月・1年・2年・5年・10年を基本として、必要がある場合にはその後も点検いたします。(有償の場合有り)
○点検及びアフターの内容はすべて記録してあります。
■具体的な内容は、「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(平成21年国土交通省告示第209号)」をご確認下さい。
 
  ▲ページの上部へ  
●イソダの安心・安全な家づくり
・信頼の基礎・軸組み
・自主検査・第3者機関検査
・長期優良住宅
●「イソダの家」シリーズ
・外断熱・2重通気の住み心地
「ソーラーサーキットの家」

・地震に強い「TIP構法の家」
・開放感のある自在な空間「箱型の家」
・エコに貢献「かながわ県産木材の家」

ソーラーサーキットの家
ソーラーサーキットの家 NEXT
体験宿泊

快適住まいのコーディネーター
美しい永持ちの住まい
一生のおつきあい

ソーラーサーキットの家、外断熱、
杉の家、TIP構法の家、その他


イソダNEWS
イソダ会長の「ちょっと一言」
住宅リフォーム
エクステリア
リノベーション
店舗リフォーム
メンテナンス
減税・助成金制度
エコ商品
保証・点検について
業務の流れ


HOME
会社案内
お問い合せ
サイトマップ
プライバシーポリシー

株式会社イソダ
●本社
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-9-7
TEL 0467-31-9246 FAX 0467-31-9243
●新築営業部 TEL 0467-32-8181 FAX 0467-31-9243
●不動産事業部 TEL 0467-32-8181 FAX 0467-31-9243
営業時間AM9::00 〜 PM5:30 定休日 水曜日
 
●イソダのリフォーム
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-9-7
フリーダイヤル:0120-27-3127
TEL 0467-33-3127 FAX 0467-33-3128
営業時間AM9::00 〜 PM5:30 定休日 日曜日
     
●SC(ソーラーサーキットの家)モデルハウス
〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越4-10-10
営業部までご連絡下さい。こちらから

  ●2020年対応住宅
〒248-0032 神奈川県鎌倉市津235
営業部までご連絡下さい。こちらから

Copyright (C) isoda co., ltd.All rights reserved.